ネクタリンの5年後 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

ネクタリンの5年後

ネクタリン(ずばい桃)

ネクタリン(ずばい桃)


ネクタリンの樹、発芽から5年ほど経ったものです。

え、5年!?小さくない?とお思いでしょう。
まだ発芽して間もない、幼い木のように見えますよね。

実はこの木、一度はほとんど枯れてしまったんです。
だけど根だけは生きていて、春になって新しい枝を伸ばしました。
生きてて良かった!

ネクタリンの種殻

ネクタリンの種殻


根元には、ネームタグ代わりに種殻を置いてあります。

ゴツゴツした特徴的な種と葉っぱの形で、ネクタリンだと分かります。
桃の葉は、シュッとしていて判別しやすいですね。

ネクタリン、発芽から2年

ネクタリン、発芽から2年


この写真は、3年ほど前のもの。
同時期に発芽した、ネクタリンの別の樹です。

発芽から2年ほどで、花も実も付けました。
果樹にしては早い方だと思います。

当時3歳の娘と同じくらいの身長まで育っていますよ。
1メーター弱かな、80~90センチくらい。

でもね、大きく育った方は、残念ながら芽吹いてくれませんでした。
今年は、まったく葉っぱが出てない状態です。
幹の色つやから見て、息絶えているようには思えないので、しばらくは様子を見る予定。

<広告>


コメント・トラックバック

2 comments for “ネクタリンの5年後”