あまおうの孫ランナー*ヒラタアブのメス | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

あまおうの孫ランナー*ヒラタアブのメス

あまおうのランナー

あまおうのランナー




イチゴのあまおう発芽73日目です。


1節目の子が根付いて、
2節目、孫ランナーが出てきました。


この元気の良い一株だけで、
そのうちプランターが埋まってしまいそうです。














イチゴたち

イチゴたち




ちなみに、他のイチゴの生長具合はこんな感じ。

あまおうが一番調子良いです。

とちおとめと、さがほのかは、プランターに移植したばかりで、
ランナーが出るには程遠いサイズ。

多分、生育環境が悪かったんでしょうね。
長い間プラカップで育てたので、窮屈だったんでしょう。
これから伸び伸び育って欲しいものです。


写真には入ってませんが、さちのかは、とちおとめと同サイズです。
さちのか、あまおう、とちおとめ、さがほのか。

現在、4種類のイチゴを種から育てています。






メスのヒラタアブ

メスのヒラタアブ


ヒラタアブのメスを見つけました。

アブラムシが居る場所に卵を産み付けます。
孵化した幼虫は、アブラムシをモリモリ食べてくれます。

左右の目の間に、白い部分があるのでメスですよ。
オスは、目がくっついていて隙間がありません。

以前紹介した写真では、特徴が分かりづらかったので再度UPしてます。

あまり農薬を使いたくないので、
アブラムシの天敵の存在は貴重です!

<広告>


コメント・トラックバック

8 comments for “あまおうの孫ランナー*ヒラタアブのメス”

コメント


  1. ケロコ / 2008年6月18日 @ 9:13 AM

    せっせと苺ちゃんランナー伸ばしてますね!
    やっぱり種から育てた親株よりランナーから
    育った子株孫株の方が丈夫のような気がします。
    ヒラタアブとても参考になりました。
    ベランダに来たら追い払わないようにしますね。
    虫の大きさって大体どのくらいなんでしょう?

  2. mame / 2008年6月18日 @ 4:44 PM

    これだけ多品種を育てていると、自分で交配が楽しめますね。すごいオリジナルイチゴができたりして。

  3. いちご大福 / 2008年6月18日 @ 5:47 PM

    いろいろな品種があるので、比べられておもしろいですね。
    先日いちご苗の処分のとき、いちごの根を見ました。
    繊細な地上部とは全然違う、たくましい根でした。
    これは広いところに植えなきゃだめだな~って思いましたよ。
    これから、どんどん大きくなってほしいですね~。

  4. れぃん / 2008年6月18日 @ 6:11 PM

    家系図、いぇ^^ それ以上にはっきりと、繋がりがわかりますね
    ひ孫ちゃんまでいくのかな (o^―^o)
    人間ですと60年分ぐらいが70日ぐらいでなんですね^^
    子から孫へのランナーの方が長いです~ ワッ”
    ヒラタアブさん とってもお母さんらしく見えます
    白い線もはっきりと、とても美形さんですね~
    たくさんの元気な幼虫さんになってくれますように~

  5. ヒナ / 2008年6月19日 @ 12:13 AM

    ☆ケロコさんへ
    子株や孫株の方が、丈夫なんですか~。
    それじゃあ、親株は来年まで置いておかない方が
    良いのかもしれませんね。
    ヒラタアブは、写真のものは1センチくらいでしたよ。
    以前の記事に写真がありますが、
    幼虫は透明なウジなので、思わず駆除しそうになります。
    居てもらうと、アブラムシはかなり減ります。

  6. ヒナ / 2008年6月19日 @ 12:22 AM

    ☆mameさんへ
    交配ですか~まだ全然考えてませんでした。
    やはりイチゴも人工受粉した方が良いのかな。
    オリジナルいちごを作るという楽しみもあるんですね。

  7. ヒナ / 2008年6月19日 @ 12:30 AM

    ☆いちご大福さんへ
    そうですか~たくましい根が育ってたんですね。
    しっかりとした根があるからこそ、
    美味しい実が収穫できるんですね。
    私は畑が無いので、プランターで頑張りま~す。

  8. ヒナ / 2008年6月19日 @ 12:42 AM

    ☆れぃんさんへ
    この調子で行くと、ひ孫もそろそろです。
    その次はなんて呼べばいいんだろ?
    ひいひい孫、ひいひいひい孫?
    1年が1日、でもひい孫とも共存していけるイチゴ社会です。
    言われてみれば…、孫ランナーの方が長いですね。
    新しい世代は、より遠くへ冒険するのかもしれません。
    ヒラタアブは、なかなかのベッピンさんですよね。
    アブラムシの天敵だと知ってから、なおさら可愛いです。

Leave a comment

(メールアドレスは表示されません)

(required)

(required)


トラックバック



Trackback URL



※不適切なコメント、リンクの無いトラックバックは削除します。

フェイスブック

ショッピング

[PR]

更新情報ながしてます
tanegomiをフォローしましょう
:

Categories

食べまき投稿コーナー

みんなの食べまき投稿コーナー
食べまきの写真募集!投稿はinfo☆tanegomi.com へ(☆は@に変えてね)

リサイクルクッキング♪ リサイクルクッキング
手作り石けん 手作り石けん

人気の記事 トップ5

Online

QRコード

QRコード