土着菌で発酵米ぬか作り*発酵①* | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

土着菌で発酵米ぬか作り*発酵①*

材料をすべて混ぜ合わせて、準備OK!

材料をすべて混ぜ合わせて、準備OK!

材料をすべて混ぜ合わせた米ぬかの様子です。

小さな塊は、土着菌はんぺんを細かく砕いたもの、
コーヒーかすで、ちょっと茶色っぽくなってます。

4月15日/18.5℃

4月15日/18.5℃

4月15日

仕込み時の温度は18.5度、
気温と同じです。

握ると固まる

握ると固まる

水分量調節の目安は、ぎゅっと握ると形になるけど、

押すとほろりと崩れる

押すとほろりと崩れる

指でちょっと押すと、ほろりと崩れる程度です。

これから1日1回は、空気を含ませるように攪拌します。

繁殖させたい善玉菌は、発酵に空気を必要とする好気性です。
ちなみに、腐敗の原因となる悪玉菌は嫌気性になります。

仕込み後、しばらくは何の変化もありませんでした。
発酵が始まり、温度に変化があったのは5日後のことです。

4月21日/33℃

4月21日/33℃

4月21日

発酵スタート、33度です。

ダンボール全体がほんのり暖かくなっています。

香りは米麹、甘酒の香り。
うっすらと表面に白カビが浮いてますが、写真には写らない程度。

塊になった米ぬか

塊になった米ぬか

サラサラしていた米ぬかが塊になってます、粒同士がくっつきはじめた感じ。

4月22日/39℃

4月22日/39℃

4月22日

温度39度、徐々に上がっていきます。
部分部分で温度が違います。

低いところは、乾燥が進んでいる様子。
スタート時と同じく、握ったら固まり突付くとすぐほぐれる程度に戻す為、水500cc追加しました。

ビニール際は反応が早い

ビニール際は反応が早い

発熱すると、ビニールに水滴が付きます。

この部分には特に湿気が多く、熱を持ちやすいせいか反応が早いです。

4月23日/44℃

4月23日/44℃

4月23日

44度になりました。

温度が上がるにつれ、香りも強くなります。
甘酒の香りは好きなんですが、程度があります。

ちょうど体調が悪く、1日部屋で寝ていたら、匂いで気持ち悪くなってしまいました。
箱をベランダの隅に移動しました。

白カビが繁殖

白カビが繁殖

ビニールに接した部分の白カビが成長しています。

土着菌で発酵米ぬか作り*発酵②*に続く

<関連記事>
土着菌はんぺん見~つけた♪
土着菌はんぺんの善玉コロニー
土着菌で発酵米ぬか作り*材料*
土着菌で発酵米ぬか作り*作り方*

<広告>


コメント・トラックバック

2 comments for “土着菌で発酵米ぬか作り*発酵①*”