オシロイバナ*発芽から半年後の月桂樹 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

オシロイバナ*発芽から半年後の月桂樹

オシロイバナ

オシロイバナ

公園の片隅で野生化しているオシロイバナです。

夕刻から咲き始めることから、夕化粧とも呼ばれる花。

夕化粧と聞くと、畳の部屋に着物姿の女性が座って、鏡台の前でお化粧している姿が思い浮かびます。

艶っぽい言葉ですね。

オシロイバナの種

オシロイバナの種

緑色のがく基部の真ん中に、黒い種が熟しています。

星型の耳飾りのような、かわいらしい形です。

種の中味

種の中味

種を割ると、茶色い薄皮に包まれた胚乳が出てきます。

おしろいのような胚乳

おしろいのような胚乳

手で軽く押しつぶすと、純白のパウダーになりました。

これがおしろい花と呼ばれる所以ですね。
おませな女の子は、この白粉でお化粧遊びをしたり^^

色は様々

色は様々

同じ株から色の違う花が咲いたり、色にバリエーションは豊かですね。

絞り模様

絞り模様

濃いピンクや黄色、色の混じり合った絞り模様の花もありました。

江戸時代の始め頃に、南アメリカから渡来した花だそうです。

142日目

142日目

種から育てている月桂樹です。

発芽から142日目、9月中旬の様子。

169日目、植え替え

169日目、植え替え

169日目、10月半ばです。

ビニールポットの株を、小鉢に植え替えました。

葉っぱが良い香り♪

葉っぱが良い香り♪

一番大きく育っている株です。

茎がやや太くなってきましたよ。

葉っぱの表面を指でこすって匂いをかぐと、スパイシーな香りが~^^

<広告>


コメント・トラックバック

4 comments for “オシロイバナ*発芽から半年後の月桂樹”