プルーンが冷蔵庫で発根 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

プルーンが冷蔵庫で発根

プルーン発根

プルーン発根


冷蔵庫で保存していたプルーンの種が発根しました。
ちょうど太い根が出始めたところです。

分厚くて硬い殻に包まれた種も、発芽のときはいとも簡単に割れるんですね~。

ビニールポットに種を植えることにしました。

プルーン

プルーン


去年の9月に食べた、長野県産プルーンです。

和名はセイヨウスモモ。

サイズはスモモに似てますが、酸味も甘みもあっさりしてました。

果汁も少ないような気がします。

果肉は緑色

果肉は緑色


果肉はグリーン。

プルーンの種

プルーンの種


食べた後、種に付着した果肉をタワシで落としました。

濡らしたキッチンペーパーで包む

濡らしたキッチンペーパーで包む


そして濡れたキッチンペーパーでクルクル巻いて…

容器に名前と日付を記入

容器に名前と日付を記入


ガム容器にポン!

名前と採種日を記入して、冷蔵庫に入れます。

このように種を保存した理由は、

1.果樹の種の多くは、乾燥すると死んでしまう

野菜の種は、きちんと乾燥してから保存しないと腐ることがありますが、
果樹の種は、過度に乾燥させると、内部も干からびてしまいます。

2.バラ科植物の種は「低温要求種子」、冬の寒さを経験しないと発芽しない

サクランボ・ウメ・モモ・アンズ・プルーン・ナシ・ビワ・リンゴ・スモモ・プラム・アーモンド・カリン・ハマナス等々、身近な果樹の多くはバラ科です。

これらの種は、発芽までに低温期を経験することが発芽条件の一つとなります。
大体4℃程度、1~2ヵ月間低温下に置けば良いようです。

直射日光に当たらない場所で、低温を経験できれば、必ずしも冷蔵庫で保存する必要はありません。
食べた後すぐに土に蒔いておけば、自然に冬を経験し、春に発芽するでしょう。

私は、長期間、種を蒔いた鉢の管理をしたくなかったので、冷蔵庫で保存しました。
鉢を並べると場所をとるし、コンテナ栽培なので、時たま水やりも必要ですから。
お庭がある方なら、地面に埋めておけばOKかもしれません。

でも、保存が長すぎたのか(?)、冷蔵庫の中で発芽したり(アメリカンチェリー)、カビが生えたりして、ダメになった種もあります。

個々の果樹によって、ベストな発芽条件や、種の保存期間、湿度などあるんでしょうけど、
その辺の専門的知識は持ち合わせてないです…ごめんなさい。

<広告>


コメント・トラックバック

5 comments for “プルーンが冷蔵庫で発根”