木トマト=タマリロ | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

木トマト=タマリロ

トマテ・デ・アルボル

トマテ・デ・アルボル

「トマテ・デ・アルボル」
スペイン語で木トマト。
南米旅行中に買ったものです。

現地では、砂糖を加え、ジュースにして飲むのが人気。
味は、フルーツとトマトの中間で、ちょっとくせがあります。

ジュースは、あまり美味しくなかったですね。
飲めなくはないけど、もう一度とは思わなかった。
でも、珍しさから種を購入しました。

タマリロの種

タマリロの種

木トマトが何者なのか、よく分からないまま種を保存していたのですが、
タマリロという名で日本でも流通してるんですね。
お友達のNAOさんが、調べて教えてくれました。

「トマテ・デ・アルボル」→「ツリー・トマト」→「タマリロ」と辿りついたそうです。
謎がとけてすっきり!

和名は「キダチトマト」で、トロピカルフルーツ扱いになってます。
そのくせ、暑さには弱いらしい。
元々ペルーの高地で育つ植物だからでしょうね。
暖地では、軒下で冬越しできるとか。

植え時は5月~7月、収穫:8月~11月、樹高は2~3m!
5月に植えたら、冬越しさせないと着実は無理かな。
試しに種蒔いて、部屋の中で様子見してみます。
あぁ…温室が欲しい…。

<広告>


コメント・トラックバック

6 comments for “木トマト=タマリロ”