四川唐辛子(朝天椒)の発芽 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

四川唐辛子(朝天椒)の発芽

芽が出た!

芽が出た!


四川唐辛子が発芽しました。
土の中から、今まさに芽が出ようとしてる所です。

四川(しせん)とは、中国の四川省のことです。
四川省といえば四川料理、四川料理といえば麻婆豆腐ですよね!

日本でもおなじみの、唐辛子と山椒(花椒)の効いた辛~い豆腐料理です。
かの地の辛くて美味しい名物料理には、ファンも多いと思います。
私も辛いもの&中華料理が大好きなので、家でも良くマーボードウフやマーボーナスなんかを作ります。
(タイ料理もイタリアンも好きですけど…要するに食いしん坊です)

先日、横浜の中華街に食材調達に行ってきたんですけど、その時に四川唐辛子を購入しました。

四川唐辛子、朝天椒(チャオテンジャオ)ともいう

四川唐辛子、朝天椒(チャオテンジャオ)ともいう


丸っこい形をした唐辛子で、朝天椒(チャオテンジャオ)とも呼ばれています。
よく乾燥されて、深い赤色をしています。

鶏肉と野菜やカシューナッツなんかを炒めた宮保鶏丁(ゴンパオジーディン)という料理には、この唐辛子が結構入ってたりします。
ぶつ切りで、野菜みたいに普通に入ってるんですけど、やっぱり相当辛いです!
四川の方は、辛いもの耐性があるんでしょうね。

陳麻婆豆腐

陳麻婆豆腐


これは、四川省の成都で食べた陳麻婆豆腐です。

上にがっつりかかっている粉は、山椒(花椒)。
超美味しいんですけど、花椒の量が半端無くて、食べた後しばらくの間、口が痺れます。
唐辛子の辛さと、花椒の麻痺で、食後に口中がグニョグニョする感覚は初体験でした。
口の中が面白いことになります。

長さ3~4㎝

長さ3~4㎝


長さは3~4㎝ほどです。

種がいっぱい

種がいっぱい


種はすごく多くて、実の中にぎっしり詰まってる感じです。
普通は、種は料理には使わないようです。

四川唐辛子のタネ

四川唐辛子のタネ


種のアップ。

翌日、双葉がひらく

翌日、双葉がひらく


発芽の翌日には、双葉が開いておりました。
生四川唐辛子が出来たら、四川料理を作りたい!

四川唐辛子
採 種:2009年4月18日
種まき:2009年4月18日
発 芽:2009年5月16日
気 温:最高19℃-最低16℃

<広告>


コメント・トラックバック

6 comments for “四川唐辛子(朝天椒)の発芽”