種のまき方 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

種のまき方

準備|発芽容器|浸水処理|土の準備|
種まきから発芽まで|種まき|湿度を保つ|適温を保つ|
発芽したら |日光に当てる|間引き|移植・定植|
種まきのススメ

種まきの下準備

発芽容器
プラカップに種まきまずは容器を準備します。植木鉢やプランターがあればOK。
種まき専用のセルトレイや紙製ポットも便利ですね。

無ければ、卵パックプラカップイチゴパックペットボトルなど適当な容器に穴を開ければ使えます。

どのみち植え替えることになるので、発芽容器は何でも良いと思いますよ。

浸水処理
イチゴ・あまおうの種種を水に浸して、一昼夜置きます。種が十分給水して、発芽の準備が整います。
ゴーヤやオリーブなど、硬い殻のある種は、一部を傷つけて穴を開けると、水分が良く吸収されます。

大豆や落花生など、過剰な水分を嫌う種子もあるので注意します。

土の準備
ココピート清潔で、保水性と通気性に優れた土が、種まきに適しています。

発芽に肥料は要りません。
種まき専用の土も市販されていますね。

私は、培養土やココピート(パーム用土)、使い古しの土も使います。

思いついた時、すぐ水で戻して使えるブロック状ココピート(100均の水でふえる用土)は便利でした。
ココナツ繊維をほぐしたもので、栄養分はありません。

≫pagetop

種まきから発芽まで

種まき
卵パックに種まきいざ、種まきです。
準備した容器に種を蒔いて、土を被せます。

種子には、光を好む種(好光性)と嫌う種(嫌光性)、光と無関係に発芽する種(中間性)の3種類あります。

好光性の場合、種に光が届くよう薄く覆土(ふくど)するか、土を掛けずにおきます。

嫌光性の場合は、種の直径の2~3倍の深さを目安に埋めます。

好光性種子と嫌光性種子

湿度を保つ
キワノの発芽発芽するまで、土を湿った状態に保ちます。土が乾燥すると発芽率が低下しますが、根腐れするほど過剰なのも良くありません。

発芽に日光は必要無いので、濡れた新聞紙で土の表面を覆い、湿度を保つ方法もあります。

芽が出てからは、根が水を求めて伸びるよう、水遣りは控えめにします。

適温を保つ
発芽適温15~20℃発芽には、15~20℃が適温です。
(熱帯植物など特殊なものは除く)種まきは、春は八重桜が咲く頃、秋は彼岸頃が適期と言われています。
≫pagetop

発芽したら

日光に当てる
ドラゴンフルーツ芽が出たら、成長に日光は不可欠です。

十分な日光が得られないと、ヒョロヒョロと白く徒長してしまいます。

間引き
イエロープチトマト徒長したり、育ちが悪い苗を抜いて、健全な苗を残します。

葉が重なり合わない程度の間隔を保ち、日当たりや風通しを良くします

移植・定植
キワノとマリーゴールド容器の底から根が出てきたり、本葉が4~5枚になった時が、定植のタイミングです。

なるべく根を痛めないように植え替えましょう。曇った風のない日がベストです。

≫pagetop

種まきのススメ

一般的な種まきの方法をまとめました。

植物によって、発芽や生育に適した環境は違うので、
育てる際には、個別に調べてみることをお勧めします。

特に、熱帯植物などは、管理が難しいものもあると思います。

とはいえ、とりあえず蒔いておけば、種は好きなときに発芽します。
ダメモトで蒔いた種から、元気な芽が出て来るのは本当に嬉しいもの、
出来ることなら生長のサポートをしてあげたいと思うはず!

発芽の喜び、育てる楽しみ、たまに収穫♪
様々な生き物との出会いもありますよ。

キッチンから始まる種まきあそびで、日々の生活に楽しみを!
ゴミになるはずだったその種、試しに蒔いてみませんか?

≫pagetop

<広告>


もっと読む

Discussion

No comments for “種のまき方”

  1. はじめましてよろしく
    植物は生命力が強いので我ながらびっくりしておりです。キャベツの芯15ミリ位をプランターに入れ土をかぶせた処半年位で男性の握りこぶしくらいの物が2個できました食べました。産直これほど近距離は無いかも叉ミニトマトを種を鉢に捨てる事で毎年芽が出て実が附きます。兆エコですね。ではまたの機会によろしく

    Posted by 伊達直人 | 4月 19, 2011, 10:26 PM
    • 伊達直人さん、はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      たったの15ミリのキャベツが再生するとはすごいです!
      小さなかけらにも、パワーが宿っているんですね。

      産直!笑ってしまいました。
      確かに確かに、超近距離です。

      こちらこそよろしくお願いいたします。
      また是非いらしてくださいね。

      Posted by ヒナ | 4月 27, 2011, 2:47 PM

Post a comment

フェイスブック

ショッピング

[PR]

更新情報ながしてます
:

Categories