種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

いい日旅立ち、アゲハの幼虫

この記事には、虫の写真が多く含まれています!
幼虫の接写もありますので、苦手な方は見ないで下さいね。
あと、お食事中の方が不快になるような写真もあります。ご注意ください。



かんきつ類の葉

かんきつ類の葉


ここのところ気候が良くて、植物は気持ち良さそうにスクスク成長しています。
でもね、こういう時期は自分も含め、あらゆる動物達にとっても気持ち良いわけで。
正直、あまり育ってほしくない虫さん達も、スクスク育ってしまうんですよ。

これは柑橘の葉っぱなんですが、見えますか?真ん中の黒い点が。



小さなアゲハ蝶の幼虫

小さなアゲハ蝶の幼虫


寄ってみると、黒くて小さな毛虫です。
たぶん、孵化して間もない幼虫だと思います。



指でツンツン

指でツンツン


指で葉っぱをツンツンしてみました。



何よう!

何よう!


「何よぅ!!」と、こっちを向いて、睨んでいる風な幼虫
私、威嚇されてる?

小さいけれどオラオラ系、
黒くて大きなサングラスをかけたようなお顔の芋虫さんは、アゲハチョウの幼虫です。

アゲハチョウは、かんきつ類(ミカン科植物)の葉っぱを主食としています。
毎年春になると、綺麗な蝶々が飛んできて、卵を産み付けていくんですよ。



卵もありました

卵もありました


卵もありました。
真っ黒で真ん丸な粒が、葉の裏にちょこんとひとつ。




孵化直前かな?

孵化直前かな?


こっちの卵は白い部分と黒い部分が見えます。
孵化直前でしょうか?



1センチくらいの幼虫

1センチくらいの幼虫


1センチほどに成長した幼虫も居ました。

このくらいになると、毛が無くなっていますね。
黒かった体色も若干薄く、茶色っぽくなったような。



サンショの葉にもいます

サンショの葉にもいます


サンショの葉の上にも居ました。
サンショはミカン科の植物で、これまたアゲハチョウの大好物なのです。



自分のベッドを残して、葉を食べてしまった

自分のベッドを残して、葉を食べてしまった


芋虫は大食漢です。
自分のベッドを残して、葉をほぼ食べ尽しちゃった子も居ました。

アゲハの幼虫は、成長と共にどんどん姿が変わっていきます。
この時期の幼虫は、何かに似ていると思いませんか?

こげ茶色で細長くて、若干白い部分があるアレ。
アレ、アレですよ。



鳥のフン

鳥のフン


そう、鳥のフンです!

思わず写真とっちゃった。
気分を害されたらすいません。

アゲハの幼い幼虫(変な言い方!)は、鳥のフンに擬態していると言われています。
天敵の鳥から身を守るために、こういう姿になったんですね。
天敵の排せつ物に化けるなんて、すごい発想だわ。



アゲハは嫁に行きます!

アゲハは嫁に行きます!


アゲハの幼虫と卵は捕獲して、ガラス瓶に入れました。

実はアゲハさん、明日旅立つのです。
とある小学校の教材として、大切に育てられることになりました。

うちで害虫扱いされるよりは、よほど幸せな一生を送れるでしょう。
待っててくれる人がいて良かったね!
グッドラック!

<広告>

コストコのミニトマトの花

コストコのミニトマトの花

コストコのミニトマトの花


コストコで買ったミニトマトの花が咲きました~!
鮮やかな黄色で、逆さまに剥いたバナナのような形をしています。



発芽から35日目

発芽から35日目


苗は日々スクスク成長していますよ。

発芽から35日目、1か月でこんなに大きくなりました。
意外に早く実が付くかもしれませんね。



アマリリス

アマリリス


関係ないけどアマリリス。
今満開ですごくきれい。花力あるよね。

<広告>

ゴールドキウイ、水切れからの~

2010年11月14日

2010年11月14日


発芽から約7か月後のゴールドキウイ、水切れで枯らしてしまいました。

葉っぱが干からびて、フチから巻き上がっています。
まだグリーンなのに、枯葉のよう。

種から育てた苗を、小さなプランターに移植して数か月。
成長して手狭になったまま放置してたら、こんな状態になってしまいました。
あぁ、ごめんなさい。

鉢が小さすぎると水切れしやすく、根が詰まって、栄養も行き届かなくなります。
植物の成長とともに、お家も広くしてあげれば良かったな。



一株ずつ分けます

一株ずつ分けます


瀕死のゴールドキウイを掘り出して、絡まった根を一株ごとに分けます。

幸い、まだ根は生きていたので、元気そうな株を選んで植え替えすることにしました。



枯れかけたキウイを植え替え

枯れかけたキウイを植え替え


大きめの鉢に一株。
果樹はこのくらい広々と植えたいもんです。

この後、キウイはなんとか息を吹き返しました。
良かった~!



2011年3月5日

2011年3月5日


そして迎えた早春。
芽吹く前に、素焼きの鉢に移植したところです。

葉っぱが全然無いのは、冬の落葉のせいですよ。
芽吹きの時に向けてパワーチャージ!



春、ゴールドキウイの芽吹き

春、ゴールドキウイの芽吹き


4月になると、待望の新葉が出てきました!



2011年4月24日

2011年4月24日


芽吹きから2週間後、葉っぱはグングン大きくなります。

実はこの時、見た目重視で、素焼きの鉢に植え替えたんですよ。
テラコッタ鉢はステキですよね。

植物にとっても、テラコッタは快適です。
素焼きの鉢は通気性が良く、土が蒸れにくくなっています。
鉢の表面から水分が蒸発することで、中の土が冷たく保たれるしくみ。

プラ鉢だと熱と水分がこもって、土の温度が上がってしまい、
根っこが茹だるような状態になることもあります。
夏場の水やりは、お水がお湯にならないよう、タイミングを考えないといけません。

でも、テラコッタも良いとこばかりじゃないですよ。
水分がよく蒸発するので、土が乾燥しやすく、すぐに水切れしてしまいます。
水が好きな植物には向いてないかも。

プラ鉢とテラコッタ鉢に同時に水やりすると、テラコッタはすぐに土がカラッカラになります。
水やりが遅れると、もう水切れ寸前みたいな状態なんですよ。
しばらく水やりできないときは、水切れを防ぐため、鉢に受け皿を置いて水を張っていました。



2015年5月6日

2015年5月6日


そんな話はさておき、ゴールドキウイの現在の姿です。

発芽から1,841 日目、約6年が経ちました。
テラコッタに懲りて、プラ鉢に戻ってきてます。ただいま。

つる性のキウイは、行灯仕立ての支柱に巻き付けるように育てています。
大きくなったでしょ。

6年経っても、まだ花すらつけたことがありません。果実をつけるのは何時になるやら。
楽しみに待ちましょう~。

<広告>
1 / 6612345...102030...最後 »
Welcome!!

新 着 記 事

いい日旅立ち、アゲハの幼虫
5月 27日, 2015年
コストコのミニトマトの花
5月 24日, 2015年
ゴールドキウイ、水切れからの~
5月 18日, 2015年
ゴールドキウイ発芽から半年
5月 16日, 2015年
香川県産の黄色いキウイ「さぬきゴールド」の発芽と採種方法
5月 12日, 2015年
盆栽ちっくな金柑
5月 11日, 2015年
ネクタリンの5年後
5月 10日, 2015年
赤玉土の小宇宙
5月 7日, 2015年
西洋ザクロのコンパニオンプランツ
5月 6日, 2015年
ミニトマトの本葉とイチゴの花
5月 5日, 2015年

Moon Age

トラックバック

食べまきコミュ

*blogpeople*

*ブログ村*

にほんブログ村 トラコミュ 食べた野菜や果物の種をまく「食べまき」へ
食べた野菜や果物の種をまく「食べまき」

かんり

種まく人ヒナ こんにちは、種まく人ヒナです。2007年春に園芸を始めた四十代主婦@東京。ベランダと屋上で育ててます。詳しくは「このブログについて」へ
Contact:メールフォーム

facebook

更新情報ながしてます
tanegomiをフォローしましょう

Categories

食べまき投稿コーナー

みんなの食べまき投稿コーナー 食べまきの写真募集!投稿はinfo☆tanegomi.com へ(☆は@に変えてね)

リサイクルクッキング♪ リサイクルクッキング 手作り石けん 手作り石けん

人気の記事 トップ5

Online

QRコード

QRコード