初秋のミツバチ*クラブアップルの語源 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

初秋のミツバチ*クラブアップルの語源

ヒマワリとミツバチ

ヒマワリとミツバチ

インフルエンザの高熱がすっと引くように、夏が終わってしまいました。

前回の満月で、月とともに夏が満ち、
そして月が欠けるように、夏も欠けていくようです。

今年の夏は長くなりそう~、なんて勝手に思っていただけに、
なんだか拍子抜けしてしまいましたよ。

涼しくなって仕事がしやすくなったのか(?)
ミツバチが、忙しく蜜や花粉を集めて回っています。

ミント

ミント

もう終わりかけのミントの花からも、余すところ無く…。

花粉がいっぱい

花粉がいっぱい

ヒマワリの豊かな花粉も、ミツバチのお気に入り。

先日、ターシャー・テューダーさんの「ターシャの庭」を読みました。
彼女は、アメリカの絵本画家で、田舎に30万坪の広大な土地を手に入れ、
そこに美しい庭を創り、自給自足的暮らしを実践された方です。

人を夢心地にさせるような、どこをとっても美しい素敵な写真集でした。

その1ページに、クラブアップルの大木がありました。
小さなピンポン球のような、赤やオレンジのりんごがたわわに実っています。

それは見事なもので、豊かな自然の実りに圧倒されるような風景です。
そこに、クラブアップルの語源が書いてありました。

クラブアップルは、実がとても酸っぱく、食べると思わず口がすぼまって苦虫をかみつぶしたような(クラビー)表情になることから、そう呼ばれるようになったのよ。

ターシャの庭より

crabを辞書で引くと、シラミやカニと出てきます。
なんでこんな名前なのか不思議だったんです、謎がとけてすっきり!

発芽58日目

発芽58日目

我が家のクラビーさんの様子です。

発芽58日目、6月の姿です。

発芽113日目

発芽113日目

現在、発芽113日目。

ちょっとは木らしくなってきたかな。

<広告>


コメント・トラックバック

2 comments for “初秋のミツバチ*クラブアップルの語源”