育てよう和のハーブ「ねぎ」 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

育てよう和のハーブ「ねぎ」

ねぎ

ねぎ

我が家で育てている野菜の中で、一番重宝しているのが「ねぎ」です。

麺類の薬味にしたり、
煮物の上に散らしたり、
味噌汁に入れたり、
日々の食卓で大活躍しています。

ねぎって、別に無くてもいいけど、
有ると、料理がワンランクアップするような気がするんです。
だけど、大量に必要なものでもないし、
冷蔵庫で、しばらく置くとシナシナになっちゃいます。

香味野菜は、やっぱり摘みたてが一番風味がいい!
ねぎを育ててみましょう。
こんなに簡単に育てられる野菜ないですよ。

スーパーでねぎを買ったとき、使うのは葉の部分だけです。
根っこの部分は、切り落として捨てますよね。
その根っこの部分(3センチ~5センチくらい)を土に挿しておくだけです。

土の準備が無い場合は、水を入れたコップに挿しておいても良いでしょう。
この場合、特に夏場は、水をこまめにかえてあげてくださいね。

すぐに、新しい葉っぱが出てきますよ。
日の当たる所に置くと、上の写真みたいな状態になります。
立派なねぎでしょ?

新しい葉は中心から出てくるので、外側の大きく育ったものから摘んでいくと良いです。

長く収穫を続けていると、なんとなくねぎが細くなってきたように感じると思います。
そんなときは、

薄皮を

薄皮を


剥がす

剥がす


根元の白い皮を、剥がしてあげると
締めつけが外れて、ねぎが太く育ちますよ。

<広告>


コメント・トラックバック

2 comments for “育てよう和のハーブ「ねぎ」”