EM菌で生ゴミリサイクル | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

EM菌で生ゴミリサイクル

昨年末にEMコンポストを購入しました。
生ゴミを、EM菌という微生物の力を借りて分解します。
出来上がる堆肥は、土壌そのものを良くしてくれるそうです。

<4月3日訂正>
すいません、間違えてました。
EM菌という微生物は存在しません。
E=エフェクティブ
M=マイクロオーガニズムス
訳すと「有用微生物群」、平たくいうと「善玉菌の集まり」ですね。
EMは、人工的に善玉菌を80種類ほど混合したものです。

生ゴミを入れる容器

生ゴミを入れる容器

生ゴミリサイクルボックス
「BBスペシャル 19L」

容器内部

容器内部

中はこんな感じ。

台所から出る生ゴミを堆肥化したいという気持ちは前からあって、
最初、大きな植木鉢に、ポンポン生ごみを放りこむ自家製コンポストを作りました。

結果、最悪な土が出来ましたよ。
植物を植えると枯れちゃうような。
土にゴミを入れるだけでは、なかなか分解が進まず、
ゴミが消えたように見えても、完全に腐りきって無かったんですね。
その土を使ったところ、生ゴミが腐るプロセスに、植物の根が巻き込まれてしまいました。

コンポスト的には大失敗ですが、
その中途半端な土の中から、発酵しそこなった野菜の種が発芽して、種から育てる楽しさを知ったわけです ♪

他には、ダンボールコンポストや、みみずコンポストも考えたのですが、
失敗すると虫が湧いたり、臭いがきつかったりするそうなので、諦めました。
近所迷惑な開かずのコンポストになりそうだったので…。

容器は二つ用意しました。
一つを発酵させる間に、もう一つの容器に生ゴミを溜めます。
二つを順繰りに使うことで、常に生ゴミが溜まります。

一杯になったら、密封して発酵プロセスに入るんですが、
これがなかなか一杯にならないんですよ。
家族が少ないので、そんなに生ゴミ出ません。

一杯になったと思っても、ぎゅっと詰めると半分くらいになっちゃったり。
これじゃいつまで経っても肥料ができないので、
六分目くらい溜まった昨日、一個目の容器を密封することにしました。

EMぼかしをまぶした生ゴミ

EMぼかしをまぶした生ゴミ

容器の下には、排水コックが付いています。
反応中は、下から液体が出てくるんです。

この液体は液肥になるので、数百倍に薄めて植物にかけると良いそうです。
底に新聞紙を引いているせいか、液体もなかなか出ませんでした。

昨日初めて、これだけ出ましたよヽ(^◇^*)/

生ゴミから出た液肥

生ゴミから出た液肥

生ゴミから出てきた液なのに、良い匂いがします。
ひとまず、発酵は順調に進んでいるようで、一安心です。

<広告>


コメント・トラックバック

6 comments for “EM菌で生ゴミリサイクル”