EM菌で生ゴミリサイクル 二次発酵 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

EM菌で生ゴミリサイクル 二次発酵

EMコンポストを密封してから2週間が経ちました。

蓋を開けると、酸っぱいニオイがします。
お世辞にも良い匂いとは言えませんが、生ゴミが腐ったような悪臭ではないです。

コンポストの中

コンポストの中

見た目は、さほど変わりないです。
生ゴミ画像すいません。

EM菌を使って、生ゴミ堆肥を作るには、2種類の発酵プロセスがあります。


①嫌気性発酵(2週間前後)
なるべく空気に触れないよう、密封したコンポストで行う。

②好気性発酵(10日~1ヶ月)

軒下など雨や直射日光の当たらないところで、①と土を合わせ、
適度に撹拌して、空気を混ぜ込みながら作る。

②を済ませると、生ゴミは完全に土にかえり、園芸に使える土の出来上がりです。

二次発酵は、夏場で10日、冬場で1ヶ月。
じゃあ、今なら2週間で大丈夫かな?

落ち葉

落ち葉

早速、②の工程にとりかかりましょう。
生ゴミを土に混ぜ込んでいきます。
間には、落ち葉もはさみました。

公園の管理人さんに貰った、炭混じりの落ち葉。
混ぜながら、積み重ねていきます。

断面図

断面図

こんなかんじ。

土:生ゴミ=8:2がベストらしい。
これは、土:落ち葉:生ゴミ=5:2:3くらいかなあ。

上部はしっかり土でカバーして、生ゴミが表面に出ないようにします。
何か変化があれば、また報告します。

<広告>


コメント・トラックバック

6 comments for “EM菌で生ゴミリサイクル 二次発酵”