できるかなEM腐葉土 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

できるかなEM腐葉土

生ゴミ容器

生ゴミ容器

初めて作った生ゴミ堆肥が二次発酵に入り、一次発酵用容器が空きました。

空のまま置いておくのもなんなので、
EM腐葉土を作ってみることにします。

EMとは、Effective Microorganismsの略。
自然界を浄化する働きを持つ有用な微生物群を、人間の手で培養したものです。

EM菌を、主に米ぬかベースで、発酵させた物が「EMぼかし」。
これを落ち葉に混ぜてみます。

1.腐葉土作りに必要なのは?

手作り野菜と料理を楽しむ夫婦のケンカ日記さんの「落ち葉と糠で堆肥作り♪」という記事を見て、腐葉土の作り方を初めて知りました。

私の少ない記憶領域で
腐葉土には落ち葉米ぬか
とだけ覚えてました。

2.米ぬか探し

近所の米屋を2軒訪ねました。
☆1軒目
「1キロ100円くらいです」
くらいって何だよ~と思いつつ、高いので他を当たることにします。
小麦粉と変わらない値段はおかしいよね。
その店でお米買ったことないから仕方ないか。

☆2軒目
ちゃんと袋に入って店に並んでました。
1袋30円です(700グラム)。納得プライスで購入しました。

ヌカの仕入先を見つけてウキウキ♪
これで腐葉土∞?

栄養豊富な米ぬかは、生ゴミ堆肥に混ぜてもOK。
使えるね、米ぬか!

3.翌日さらに

米ぬか

米ぬか

麦とろ定食屋で、食事をしました。

そのお店は元お米屋さんで、使うお米はすべて自家精米だそう。
レジのところに「ご自由にお持ち下さい」と米ぬかが~!

こういうサービスは嬉しいです~( ´∀` )♪

4.腐葉土仕込み

早速作るよ、EM腐葉土!!

落ち葉+米ぬか+EMぼかし

落ち葉+米ぬか+EMぼかし

落ち葉・米ぬか(白い粉)・EMぼかし(茶色い粉)を入れて、

しゃもじで混ぜながら、容器に詰めていきます。

あまりにもパサパサなので、少し水を足しました。

生ゴミ用しゃもじで混ぜ混ぜ

生ゴミ用しゃもじで混ぜ混ぜ

まんべんなくEMぼかしが行き渡るようにします。

古いしゃもじを堆肥用にしました。

容器8分目くらいになったら、鉢皿でギュウゥッと押して空気を抜き、
そのまま蓋して密封。

中蓋は絶対あった方が良い

中蓋は絶対あった方が良い

普通に腐葉土を作ると半年~1年ほどかかるそうです。

EM菌の発酵力で、早く仕上がればいいな~。

<広告>


コメント・トラックバック

8 comments for “できるかなEM腐葉土”