収穫を味わうこと*エダマメの根粒菌 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

収穫を味わうこと*エダマメの根粒菌

収穫

収穫

昨日の収穫です。
エダマメ、中玉トマト、きゅうり。

キュウリは、初めてまっすぐなのが採れました~。
エダマメは茹でて、あとは生で食べました。

美味しい野菜はシンプルに食べてみたくなります。
自作野菜を食べる時って、一生懸命味わって食べようとしませんか。
市販野菜との違いを感じたくて、味覚フル活用です。

これだけ神妙に、野菜を味わって食べることは普段ありません。

例えばキュウリ。
まずは全体の姿を愛でる、切り口の様子も観察。
表皮や種の育ち具合なんかを見ながら、おもむろにかじる。

まだ調味料は付けませんよ。
オリジナルの香りと歯ごたえを楽しみます。
聞いた人が食べたくなるような、カリカリと美味しそうな音を立てて。

次は味、舌の神経に集中します。
ぶっちゃけキュウリは市販のものと大差ない味でしたが。
おっと後味も忘れてはいけません。
余韻も追っかけて、フェードアウトして消えるまで…。

たかがキュウリなんですが、
食材に愛情があると、こんなに違うものなのかと自分でも思います。

逆に、食に対して感謝も感動も無いと、
どんどん味覚が鈍感になっていくんでしょうね。
もうすでに、ジャンクなフードでかなりやられている気がしますが、
まだまだ~!

こうやってたまに食感覚を頑張らせることで、
味覚を鍛えることにもなるでしょう。

なんか野菜に食育されてる気がしてきました。

エダマメの根

エダマメの根

これは引っこ抜いたエダマメの根っこ。

丸い粒々が根にくっついています。

根粒

根粒


直径は大きいもので5㎜ほど。

これは根粒と言って、マメ科植物に特有のものです。

この中には、土壌微生物の根粒菌が住み着いています。

根粒菌は、空気中の窒素を使って、植物への栄養分を作り出します。
そして植物は、根粒菌に光合成産物を与えます。

マメ科植物と根粒菌は、良い共生関係にあります。

根粒菌が作る天然窒素肥料のお陰で、
マメ科植物は、窒素肥料がほとんど必要ありません。

エダマメを食べ終わったら、茎や根も捨てずにコンポスト行きです。
せっかくの天然窒素肥料は、堆肥に変えてリサイクル、
土を肥やしてもらいますよ。

<参考サイト>
・ウィキペディア>根粒菌
・Yahoo!知恵袋>マメ科植物の窒素固定って当てになりますか?

<広告>


コメント・トラックバック

16 comments for “収穫を味わうこと*エダマメの根粒菌”