キワノの収穫*グリーンキワノの旅立ち | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

キワノの収穫*グリーンキワノの旅立ち

キワノ仕舞い時

キワノ仕舞い時

夏の終了と共に勢いを失ったキワノさん、ぼちぼち枯れ始めました。

まだ果実は完熟してないようです。少し柔らかくなってきたんですけどね。

そういや、同属のキュウリも、最後の実を収穫して撤収したばかり。
そろそろ仕舞い時なのかもしれません。

フェンスにぶつかって棘が丸くなった

フェンスにぶつかって棘が丸くなった

果実を収穫しました。

風に揺れてフェンスに当たっていたようで、かなり棘が丸くなっています。

それでも、素手で持つのは痛いですよ。

3個収穫

3個収穫

今日はひとまず3つ収穫です。

また仏壇で追熟させときます。
妙な果物をお供えして、お義母さん面食らってそうです。

緑のキワノと葉

緑のキワノと葉

そして、これは嫁に行くグリーンキワノさんです。
若い葉っぱも一緒にね。

実は先日、生命化学の勉強をされている学生さんから、メールを頂きました。
キワノの若い葉と実を、研究用に分けてもらえないかという相談でした。

幸い数個の実が付いているし、葉も十分あったのでOKしましたよ。
元々は、NAOさんのご厚意で頂いた種から育てたものですし。

気になるのが研究内容です。
生命科学とか、ど素人ですけど、好奇心で研究内容を聞いてみました。

以下メール抜粋

「キワノの葉からゲノムDNAの塩基配列を読むこと、実からはRNAを抽出して、
最終的に目的のタンパク質のアミノ酸配列を調べることが目的です。」

昔生物で習った言葉がちらほら…。
よく分かんないけど、遺伝子関係の研究をされてるみたいですね。

日本にはあまり無い植物なので、標本を手に入れるのに苦労されていたようです。
熟した実ならまだしも、葉とか未成熟な実とか売ってないもんね。

旅立つキワノ

旅立つキワノ

我が家で育ったキワノが、学生さんの研究に役立つことになるとは!

キワノさん、きっちりお役目果たして頂戴ね~。

発芽から185日目、キワノの旅立ちでした。

<広告>


コメント・トラックバック

12 comments for “キワノの収穫*グリーンキワノの旅立ち”