寒さに凍るエシャロット | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

寒さに凍るエシャロット

12月末、根も芽も伸びた

12月末、根も芽も伸びた


食材の余りのベルギーエシャロットを、水栽培して約2週間。
根も葉も元気に伸びてきました。

これは元々、一粒のエシャロットだったんですが、育つにつれ球根が膨らんで、二つに分かれました。
まだ、辛うじて根元のところでくっ付いてますけど、分けて植えようと思います。

ベルギーエシャロットを植え付け

ベルギーエシャロットを植え付け


でかいプランターに球根二つだけ、広々と植えました。
この時期、育てているものが少ないので、場所には余裕があります。

そして20日後。

なんでこんなことに?

なんでこんなことに?


えっ!?
なにこれっ?

生き生きと成長してたハズなのに、土の上に力なく横たわるエシャロット。
一瞬、カラスのいたずらかと思ったんですが、防鳥ネットはちゃんとしてるし…。

とりあえず埋め直すため、土にスコップを入れたら、犯人が分かりました。

犯人は霜柱

犯人は霜柱


霜柱です。
2、3センチはあるでしょうか。

寒さで立ち上がった霜柱が、球根を押し上げてしまったんですね。
浅植えだったとはいえ、球根をも持ち上げる霜の力ってすごい!

あっ、感心してる場合じゃないですね。
エシャロットにとっては危機です。
外側の一部は凍っちゃってるし。

球根を、深く埋めなおす

球根を、深く埋めなおす


まずは、植え直し。
なるだけ深く埋めときました。

枯れた西洋ワサビの葉で、土を覆って防寒対策

枯れた西洋ワサビの葉で、土を覆って防寒対策


土の表面は、枯れた西洋わさびの葉でマルチングしてみました。
これで少しは寒さが凌げるかと…。

発芽から38日目です。

<広告>


コメント・トラックバック

2 comments for “寒さに凍るエシャロット”