ネクタリン(ズバイモモ)の開花 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

ネクタリン(ズバイモモ)の開花

ネクタリンは桃の一種。和名でズバイモモで、そのほかにも椿桃・光桃・油桃などと呼ばれています。
光桃とか油桃とか呼ばれるのは、果実に産毛がなくて、つるつるとしてるからかな?
果実は、黄色からオレンジっぽい色をしていて、ジューシーで美味しいんですよ。

そんなネクタリン、食べた後に種まきしてから2年、開花のときを迎えました!

ネクタリンの開花はじまる@2012年4月4日

ネクタリンの開花はじまる@2012年4月4日


最初の蕾が開いたのは4月4日の朝、発芽から739日目のことです。

開花1日目に、ふたつの蕾が開いた

開花1日目に、ふたつの蕾が開いた


そして午後近くになって、ふたつめが花開く。
満開の花は、やっぱりきれいですね!

ネクタリン満開

ネクタリン満開


3つの蕾すべてが開いたのは、翌日になってからでした。
開いたばかりの花びらは、まだちぢれてる。

いちおう、こしょこしょしておく

いちおう、こしょこしょしておく


まだ実がなるには早いかなと思いつつ、やっぱり、こしょこしょやってしまうのでした。むふふん。

<広告>


コメント・トラックバック

2 comments for “ネクタリン(ズバイモモ)の開花”