アブラムシの天敵御三家*ヒラタアブ・アブラバチ・テントウムシ | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

アブラムシの天敵御三家*ヒラタアブ・アブラバチ・テントウムシ

最近、アブラムシどうですか?

うちは、一時期の異常な繁殖は、落ち着いたようです。
最盛期は、潰しても、唐辛子スプレーを吹いても、薬剤を散布しても、
3日もすればアブラムシ王国が復活していて、本当にうんざりしたものでした。

アブラムシが大発生した後、天敵が活躍してくれました。
屋上で見つけたアブラムシの敵を、3種紹介します。

ヒラタアブの幼虫

ヒラタアブの幼虫

まずはヒラタアブの幼虫。

成虫になるまでに、100~1000体のアブラムシを吸汁摂食します。
外見はスケルトンなうじ虫で、可愛らしいとは言えませんが、
家庭菜園の大きな味方です。

※後日成虫見つけました→ヒラタアブの母

アブラムシの抜け殻

アブラムシの抜け殻

これは、アブラバチという小さなハチに寄生されて、
成虫が羽化した後、抜け殻になったアブラムシです。
出口に、ぽっかりと穴が開いています。

アブラバチは、アブラムシに卵を産み付け、ミイラ(マミー)状態にします。
成虫の姿は確認できませんでしたが、沢山のマミーがありましたよ。

最初、このアブラムシなんで動かないんだろうと不思議に思っていたんです。
まさか、ミイラになっていたとは…。

てんとう虫

てんとう虫

そして、待ちに待ったテントウムシ。

これ最強でしょ。
成虫で数千匹のアブラムシを食べてくれます。
心強い味方です。

彼らの姿を見かけるようになってから、アブラムシは劇的に減りました。
しばらくは薬剤を使わずに済みそうです。

<広告>


コメント・トラックバック

16 comments for “アブラムシの天敵御三家*ヒラタアブ・アブラバチ・テントウムシ”