プリック冬越せず | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

プリック冬越せず

1月初めに、最後の収穫を終えたプリッキーヌ。
どうせ捨ててしまうなら、試してみようホトトギス。
というわけで(どんなわけだ)、冬越しに挑戦してみました。

唐辛子の苗を越冬させる時、葉や細い枝は落とした方が耐寒性が増すそうです。
まずは、思い切って丸坊主にしてしまいました。

その後は、プランタから苗を掘り上げて、ポットに移します。
保温のため、ポット苗は発泡スチロールの容器に入れることにしました。
置き場所は、ベランダの隅です。

これは2ヵ月後の写真。春うららかな3月末です。
どう見ても枯れ枝…。

越冬後の苗

越冬後の苗

再びプランタに移植しました。
今年も収穫をもたらしてくれるでしょうか?

プランターに移植

プランターに移植

そして1ヶ月後の4月末。
芽生えたのは雑草のみ…。

プリック芽吹かず…

プリック芽吹かず…

ダメっぽいなあ。

枯れてます

枯れてます


一株掘り出してみると、生命力のかけらも感じられない…。
こりゃ完全に枯れてしまってますね。

プリッキーヌ撤収!

残念です…、何が悪かったんでしょう?
越冬中の水分管理かなあ。

同じ様に越冬させたハラペーニョさんは、4株中2株が元気に冬をサバイブ。
1株は枯れて、もう1株は命からがら越冬という状態です。

プリッキーヌ跡地には、バジルの種を蒔いておきました。

バジルを種まき

バジルを種まき

<広告>


コメント・トラックバック

4 comments for “プリック冬越せず”