クミン発芽 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

クミン発芽

クミン

クミン


カレーに用いられる代表的なスパイスの一つ、クミン。
和名では馬芹(ばきん・まきん・うまぜり)と呼ばれる、セリ科の植物です。

セリ科植物は香りが良いので、ハーブやスパイスとして利用されているものが多いですね。
例えば、パセリ、イタリアンパセリ、ニンジン、セロリ、ミツバフェンネル、ディル、コリアンダー等々…。

クミンの爽やかな芳香は、カレーに欠かせない為、ほとんどのカレー粉に配合されているそうですよ。
インド料理の香り付けに使われる、混合スパイス「ガラムマサラ」にも混ぜられることが多いとか。

ひと粒、5㎜ほどのクミンシード

ひと粒、5㎜ほどのクミンシード


GABAN社のホールクミンです。
縦に数本の筋が入った細長いタネは、大体4~5ミリほどの長さです。

クミンは、粉末状に加工されたものと、ホールタイプ(タネ状、そのままの形)が販売されています。

私は、ホールクミンを油で炒ってから、カレーに加えたりして使っています。
そうすると、香ばしい、いかにもインド風な香りが漂って、食欲をそそります~。
他には、インドのジャガイモ料理「サモサ」とか、エスニック風の炒め物なんかに入れたりもします。

クミンの発芽

クミンの発芽


種まきから、一週間で発芽しました。

発芽3日後

発芽3日後


発芽から3日後、3~4センチに伸び、糸のような双葉が開きました。

半日陰のベランダで置いていたので、ちょいと徒長気味です。
早速、屋上のプランターに植え替えることにしました。

プランターに植え替え

プランターに植え替え


プランターに植え替えたところです。
芽はふにゃふにゃと、頼りない感じ。

植え替えで芽がダメに…

植え替えで芽がダメに…


移植から5日後。
芽が枯れ始めました!あぁ~ショック。
クミンの幼い芽は、急激な環境の変化に耐えられなかったようです。

あと、セリ科植物の根は、一本の太い根が真っ直ぐ下に伸びる「直根性」なので、
その大切な根を、植え替えで傷つけてしまうと、枯れてしまうことが多いらしいんです。

同様に植え替えたフェンネルは根付いてくれたんですけどね…。
同じセリ科でも、耐性に差はあるようです。

気を取り直して、再度種まきしましょ~。
今度は、種をプランターに直まきしておきました。

再度、発芽

再度、発芽


二度目の種まきから8日目に発芽。

今度は上手く育っておくれ~。

クミン
一回目(失敗)
種まき:2009年6月16日
発 芽:2009年6月23日
気 温:最高29℃-最低24℃

二回目
種まき:2009年7月1日
発 芽:2009年7月9日
気 温:最高30℃-最低24℃

<参考サイト>
・Wikipedia>クミン
・Wikipedia>ガラムマサラ

<広告>


コメント・トラックバック

6 comments for “クミン発芽”