月桂樹抽出オイルで手作り石けんをつくる | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

月桂樹抽出オイルで手作り石けんをつくる

月桂樹の葉で、ローレルインフューズドオイルを作る」からの続きです。

石けん作りセット

石けん作りセット


月桂樹の葉を抽出した、ローレルインフューズドオイルを使って、石けんを作ります!

まずは、材料と道具の準備です。
いろいろとこぼしたりするので、テーブルに新聞紙を敷いてます。

材料は、オイル類と苛性ソーダと水(浄水)。
道具は、ステンレスのボウルと泡立て器とスプーン、ゴムべら、湯せん用鍋、苛性ソーダを溶かす為の容器、デジタル秤、牛乳パック。
あとはゴム手袋かな。

苛性ソーダは、劇物に指定されている薬品なので、取り扱う時には手袋をした方が良いでしょう。
また、苛性ソーダを溶かす時に熱が発生するので、容器には100度以上の耐熱性が必要です。
素材はガラス、ステンレスやプラスチックなんかが良いようですね。
私は100均のプラスチック容器を使ってます。

石けん型には、牛乳パックを使います

石けん型には、牛乳パックを使います


石けん型には、牛乳パックをリサイクル。
おうちで使うには、これで十分。

オイルを数種類ミックスします

オイルを数種類ミックスします


オイルは、4種類使いました。
月桂樹を抽出したバージンオリーブオイルと、パームオイル、ココナツオイル、ひまし油です。
月桂樹は髪に良いと言われているので、シャンプーにも使えるように、泡立ちの良いレシピにしました。

オイルは湯せんにかけて溶かし、よく混ぜ合わせておきます。
そして、苛性ソーダを水に溶かしたものを少しずつ加え、ひたすら泡立て器で混ぜます。

材料を混ぜ合わせ、容器に注ぎます

材料を混ぜ合わせ、容器に注ぎます


15分くらいシャカシャカ混ぜ続けた後、休み休み混ぜながら1時間。
とろみがちょうど良くなったら型入れです。

(型入れまでの時間は、材料によって変わります)

自作石けんカッター台&カッター

自作石けんカッター台&カッター


3日後に牛乳パックを破いて型出し、さらに3日後にカットしました。

使ってるのは、自作石けんカッター。
カッター台は、家にあった木を使って作りました。
ノコギリ使うのって難しいね…切り口ひどいわ。
これでも一応やすりがけ後^^;

カッターは、100円ショップの糸ノコ&ワイヤーを組み合わせて作りました。
包丁だと、どうしても曲がっちゃって、上手に切れないんですよ。

石けんらしくなりました、解禁は1ヵ月後です

石けんらしくなりました、解禁は1ヵ月後です


カットすると、石けんらしくなるでしょう?

月桂樹の色が出て、ナチュラルグリーンの石けんが出来ました。
色を比べる為、真ん中にシンプルなオイルで作った白い石けんをはさんでます。

手作り石けんは、作った直後は刺激が強すぎて使えません。
大体1ヵ月くらいは、直射日光の当たらない、風通しの良い場所で寝かせ、熟成&乾燥させます。
わたしは、使ってないタンスの引き出しに入れて、密閉しないように少し開けてあります。

我が家で育った月桂樹の葉で作った石けん。
1ヵ月後の出来上がりが楽しみです~。

<広告>


コメント・トラックバック

12 comments for “月桂樹抽出オイルで手作り石けんをつくる”