ミニトマト・イエローアイコの種を採取 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

ミニトマト・イエローアイコの種を採取

ミニトマト・イエローアイコ

ミニトマト・イエローアイコ


収穫したイエローアイコを採種することにしました。

春にスーパーで買ったアイコの種まきをした時は、食べながら直接プランターに蒔いたんです。
タネの部分を搾り出すようにして、ゼリー状の果肉もつけたまま、土に直まきです。
だから、その時の種は保存してないんですよ、他は食べちゃったし。

今回採種するタネは、スーパーのアイコの種から育った二代目になります。

実から種を採取します

実から種を採取します


まずは実を切って、種を含んだゼリー部分を取り出します。

収穫してから、しばらく常温で置いてあったので、良く熟してますよ。
種を取った後の実を食べたんですが、すっごく甘かったです!

種を含んだゼリー状の部分を取り出します

種を含んだゼリー状の部分を取り出します


取り出したゼリー、沢山の種が入ってます。

ザルにこすり付けるように洗い、果肉を良く落とします

ザルにこすり付けるように洗い、果肉を良く落とします


ザルや茶漉しに取って、水で洗い流しながら、果肉を落とします。
ザルにこすり付けるように洗うと、ゼリーはほとんど取れると思います。

ゼリーがなかなか取れない場合は、種をビニール袋等に入れて密封し、2~3日置きます。
そうすると果肉が発酵して柔らかくなり、簡単に取り除くことができますよ。

紙にとって、種を乾燥します

紙にとって、種を乾燥します


洗い終わったら、紙にとって乾燥させます。
基本は陰干しで。
直射日光に当てるとカビを防止できますが、短時間に止めておいた方が良いでしょう。

乾燥させたタネ

乾燥させたタネ


翌日、カラカラに乾燥してました。
タネの表面は、銀色の産毛に覆われています。

袋に名前と採種日を書いて、冷蔵庫で保存

袋に名前と採種日を書いて、冷蔵庫で保存


後は、湿気ないように保存するだけ。
トマトなら最低2~3年はもつようです。

私は、こんな風に紙袋に入れて、冷蔵庫で保存しています。
名前と採種日は、必ず記入してますよ。

他にも、冷蔵庫の中には、沢山の種が出番待ちをしています。
来年、イエローアイコさんは、出番あるかな~?

<広告>


コメント・トラックバック

6 comments for “ミニトマト・イエローアイコの種を採取”