西洋ワサビ(ホースラディッシュ)の再生*水耕から土栽培へ | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

西洋ワサビ(ホースラディッシュ)の再生*水耕から土栽培へ

ホースラディッシュ、和名はセイヨウワサビ(西洋山葵)

ホースラディッシュ、和名はセイヨウワサビ(西洋山葵)


西洋わさびが我が家にやってきました!
またの名をワサビダイコン、レフォール、ウマワサビ、山ワサビ、畑ワサビ、白ワサビ、根ワサビ等々…。

本わさびと形は良く似てますけど、色白なのが特徴です。

チェコ・プラハのビアガーデン

チェコ・プラハのビアガーデン


以前チェコを旅したとき、ハムやソーセージの付けあわせに、摩り下ろした西洋ワサビがありました。
見づらいけど、皿の奥の白いのがそう、結構たっぷり付いてるんですよ。
東欧でワサビに出会うと思ってなかったからか、それが妙に美味しくって、忘れられない味になってました。

西洋ワサビは、東ヨーロッパ原産なんだって。

我が家でもやってみた

我が家でもやってみた


我が家で、幸せのビアガーデンを再現してみました♪
ソーセージ&自家製キュウリとらっきょのピクルスです。

ワサビおろしで摩り下ろすのは大変でしたよ!
すっごい硬いんです、あまり水気も無くてパサパサしてる。
チェコのはもっとジューシーだったんだけどなあ…何か混ぜてたんでしょうか?
シーズンとかもあるのかな?謎。

味は、ワサビと辛いダイコンの中間あたり。
ワサビと言われればワサビなんだけど、
ダイコンの香りが結構強いので、すっごく辛い大根と言った方がしっくりくる。

残りの西洋わさびを、3~4cmに切って水栽培

残りの西洋わさびを、3~4cmに切って水栽培


そして翌日。
余った(っつーかもちろん余らせた)西洋ワサビを、栽培用に3~4cmにカット。
容器に1~2cm程度水を張って、水耕栽培スタートです。

清流で栽培される本ワサビと違って、西洋ワサビは土栽培で簡単に育てられるそうなんです。
実際北海道なんかでは、自生しているらしいですよ。
私が取り寄せたのも、北海道からです。

ですが、いきなり土に植えつけるよりは、水栽培で発芽させてからの方が良さげです。
※栽培方法は、こちらのサイトをマネしました
私と家庭菜園ホースラディッシュ(西洋わさび)

水深は1~2cmくらい

水深は1~2cmくらい


上手くいくだろうか。

下の断面がヌルヌルするので、割り箸を敷く

下の断面がヌルヌルするので、割り箸を敷く


一週間後、緑の葉が出てきました!
でも、容器と密着している切断面が、ヌルヌルするのが気になるところ。
季節的に腐りやすいのかも…?
隙間を持たすため、割り箸を敷いてみました。

そろそろ土に植えてみよう~

そろそろ土に植えてみよう~


さらに二週間後(水栽培スタートから三週間後)。
早速、葉を虫に食われたり、一部ぬめったりしてますが、なんとか元気です。
全体が緑色っぽくなって、葉も沢山出始めたので、そろそろ土に植えつけましょう。

根も出てきました

根も出てきました


白い根も伸びています。

植付け、デカ鉢に3株

植付け、デカ鉢に3株


かなり株が大きくなるらしいので、我が家で一番大きい鉢に3株植えました。

順調です

順調です


土栽培で二週間、葉っぱが生い茂ってきました~!
なんだか葉も美味しそうですねぇ。

西洋ワサビ(ホースラディッシュ)
水栽培開始:2009年6月29日
発    芽:2009年7月 6日
気    温:最高24℃-最低22℃
土栽培開始:2009年7月20日

<広告>


コメント・トラックバック

19 comments for “西洋ワサビ(ホースラディッシュ)の再生*水耕から土栽培へ”