青く色づく臭木の実*白ブドウのナイアガラ半年後 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

青く色づく臭木の実*白ブドウのナイアガラ半年後

クサギ

クサギ

見上げると、臭木の実が青く色づいていました。

赤いガクと、深いブルーの実が、木を華やかに彩っています。

臭木の実

臭木の実

臭木の実は、草木染に使われます。

草木染で得られる色って、黒っぽい色や、黄色や茶色系がほとんどなんですけど、
この実からは、水色を染めることが出来ます。

植物から青が出るのは、この臭木の実と藍だけのようです。
臭木は、藍染めのように発酵させたりする必要もないんですよ。

染色遊びをしてみたい気持ちもあるんですが、
公園の木ですから、目を楽しませてもらうに留めておきます。

潰すと青い汁が出ます

潰すと青い汁が出ます

ちょっと潰してみました。
青い汁が出てきましたよ。

名前の由来は、葉が臭いからだそうです。
実をつぶして、恐る恐る匂いを嗅いでみたら大丈夫でした^^

インクのような匂いがしました。

173日目

173日目

こちらは、白ブドウのナイアガラです。

発芽173日目、半年くらいですね。
背丈は30~40センチほどになりました。

コガネムシに葉っぱを食われて、枝と葉脈状態だったんですが、
ようやく新葉が育ち始めたところです。

ナイアガラの葉

ナイアガラの葉

葉のサイズは、黒ブドウのベリーAより小ぶりです。

<広告>


コメント・トラックバック

6 comments for “青く色づく臭木の実*白ブドウのナイアガラ半年後”