食べ蒔きパッションフルーツ三年目*秋晴れにカマキリ! | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

食べ蒔きパッションフルーツ三年目*秋晴れにカマキリ!

食べ蒔きパッションフルーツ

食べ蒔きパッションフルーツ


発芽から3年目の、実生パッションフルーツです。
奥の鉢も、手前のも、同じ品種で同い年。
でも、育ち方が全然違うんですよ。

奥の株は、もう草丈3メートル以上に育っていますが、葉は少々くたびれた感じ。
成熟して3つに割れた葉は小さく、色はやや薄いです。

手前は、まだ草丈60センチ程ですが、勢いが良く、葉も若々しい。

切り戻した葉は、大きく育ち、若々しい

切り戻した葉は、大きく育ち、若々しい


手前側のパッションの葉です。
生き生きとした葉は大きく、鮮やかなグリーンをしています。

この育ちの違いは、切り戻し剪定の位置の違いから生じました。

根元近くまで切り戻した株

根元近くまで切り戻した株


若々しい株の方は、写真のように、かなり短く切り戻しています。
根元から7~8センチくらいの所ですね。

最初からここまで短くしたんじゃないんですよ。
50センチ程度に切り戻して越冬したら、ちょうどここまで枯れ込んでしまったんです。
だから仕方なく、生きている部分だけを残したわけですが、結果的に株が若返ることになったようです。

もう一方も、同じように50センチに切り戻したんですが、越冬中に芽吹くほど体力があったので、そのまま春を迎えました。
そうしたら、伸びる伸びる!
防鳥ネットのてっぺん通り越して、青空に伸びたツルが、風にゆらゆら揺れています。

※切り戻した時の写真はこちら→「落葉樹のすがた*パッションフルーツ切り戻し

そこまで切り戻さなかった株は、大きく伸びた

そこまで切り戻さなかった株は、大きく伸びた


この伸び放題のツル、残念なことに花芽がありません。
花を咲かせた去年は、今頃には蕾を確認していたんです…。

今年は、花は見れそうにないです、残念ですが。
一年お休みして、来年に力を蓄えてもらうことにしましょう。

このシルエットは…?

このシルエットは…?


ゆ~らゆら揺れるツルを眺めていたら、なにやら見慣れないシルエット。

カマキリ!

カマキリ!


カマキリだ~!

カメラを向けた私に向かって、軽く警戒(威嚇?)するカマキリさん。
4階の屋上まで飛んできて、そのまた一番高い位置で狩りをするあなたの気合に脱帽です。

<広告>


コメント・トラックバック

2 comments for “食べ蒔きパッションフルーツ三年目*秋晴れにカマキリ!”