土着菌で発酵米ぬか作り*拡大発酵* | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園

食べたら種まき!リサイクル菜園

土着菌で発酵米ぬか作り*拡大発酵*

発酵米ぬか

発酵米ぬか

土着菌はんぺんを使って、2週間発酵させた米ぬかです。
「発酵米ぬか」が出来上がりました!

日陰で完全に乾燥させた状態で、菌は休眠状態にあります。
こうなると、ビニール袋に入れて保存が可能になります。

米ぬか発酵前

米ぬか発酵前

これは発酵前の米ぬか。
比べると変化が良く分かります。

さて。
今度は、発酵米ぬかを元種にして、さらに拡大発酵していきます。
新しく米ぬかを足して水分調節すると、また同じように発酵過程が始まります。

そうなんです、一度発酵米ぬかを作っておけば、
もっと必要になったときに、そこに米ぬかを足せば良いのです。
また土着菌はんぺんを探す必要はありません。

拡大発酵は、多くとも元種の5倍を目安にすると良いようです。
私は、元種を倍の量にすることにしました。

発酵米ぬかに、米ぬか2キロとコーヒー粕を加える

発酵米ぬかに、米ぬか2キロとコーヒー粕を加える

発酵米ぬか2キロに、米ぬか2キロ、溜まっていたコーヒー粕も加えます。

25%の水分を加えて混ぜる

25%の水分を加えて混ぜる

水分を加えて、混ぜ合わせたところ。

全体量4キロに対して、25%の水分1リットル。

4月30日/25℃

4月30日/25℃

4月30日、気温と同じ25度。

その夜。
早くも麹菌による発酵臭が立ち上って来ました。

今度は2倍の量なので、匂いも2倍!
甘酒キターーーーーッ

5月1日/46℃

5月1日/46℃

5月1日、46度。

拡大発酵は展開が早いです。いきなり最高温度を記録。

最近気温が上がったことと、米ぬかの量があると思います。

ビニールに接する部分に大汗かいてます。
水分、空気を満遍なく行き渡らせるため、袋の口を閉じて中身をシャッフル!

5月2日/47℃

5月2日/47℃

5月2日、47度

発酵臭が耐えがたくなってきました。

この頃、ようやく春めいてきて窓を開けている時間も長くなっていました。
ベランダに置くのはつらくなり、ダンボールをガレージに移動しました。

発酵作業は冬に行うのが良いと痛感いたしましたよ、ハイ。

5月3日/47℃

5月3日/47℃

5月3日、47度

5月4日/46℃

5月4日/46℃

5月4日、46度

3日間安定した温度で発酵が続いています。

米ぬかの塊が徐々に大きくなっています。

マットな白い菌

マットな白い菌

米ぬかに十分な水分が含まれている、発酵の始まりには、
甘酒に似た発酵臭を伴う、白いふわふわした麹菌が優勢ですが、

プロセスが進むにつれて、塊を覆うように繁殖するマットな白い菌と、
(納豆菌の一種の枯草菌か?)

ブルーグレーの糸状菌

ブルーグレーの糸状菌

ブルーグレーの糸状菌が優勢になります。

出来上がり

出来上がり

そして、ここで水分を足さなければ、温度が下がって発酵は休止します。

有機肥料の発酵米ぬかの出来上がりです。

追肥に使用

追肥に使用

発酵米ぬかは、追肥したい時に根元にぱらぱら撒いています。

発酵肥料には即効性があるようですね。

残りも少なくなりましたが、次の拡大発酵は冬に行う予定です。
土作りは冬の仕事なんだな~としみじみ実感いたしました。

<参考サイト>
庭造りの愉しみ

<関連記事>
土着菌はんぺん見~つけた♪
土着菌はんぺんの善玉コロニー
土着菌で発酵米ぬか作り*材料*
土着菌で発酵米ぬか作り*作り方*
土着菌で発酵米ぬか作り*発酵①*
土着菌で発酵米ぬか作り*発酵②*

<広告>


コメント・トラックバック

6 comments for “土着菌で発酵米ぬか作り*拡大発酵*”